<   2011年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

5月の個展に合わせてHPを開設しました。
とりあえずアップしましたが、新しくドメインをとりましたので
URLが変わるかもしれません。
http://syouzou-p.com/

今回の個展の作品45点のうち36点を載せています。

時間があったら寄ってください。
a0177542_1923996.jpg

[PR]
冬の帰り道

あたたかな家と家族が待っているよね。

自販機も見守っています。
a0177542_1575076.jpg

[PR]
晴れていると春の日差しが暖かく感じる。

でもまだ冬も負けていまいとがんばってますね。

吹雪の小樽、若い二人には吹雪も関係ないのかもしれない。
a0177542_20321715.jpg

[PR]
5月の東京広尾インスタイル・フォトグラフィー・センター(I.P.C)で開催する
写真展のタイトルが決まりました。
「Roadside lights」で、路傍のともしびという意味です。
今回は北海道内で撮影した自販機のトワイライトシーンになります。
以下、statementsを作って見ましたので、時間がありましたらお読みください。
a0177542_1330475.jpg


吹雪の最北の夜道を走っているとき、雪の壁が視界に広がっていた。何処が道路の端かわからず勘をたよりに進んでいるとぽつんと光が見えた。よく通る道で、道端にある自販機は覚えていたが、ようやくそこで自分の位置を知ることができた。郊外では自販機は道しるべにもなっている。
 このように、道端に自販機が設置されているのは日本だけである。よその国では放置したと見なされ、商品と現金を持って行かれても何も言えないという。日本がいかに安全な国か自販機を通してかいま見ることができる。
確かに1955年をピークに日本の凶悪犯罪は減っており、2010年には凶悪犯罪の発生件数が戦後最低を記録している。加えて少年犯罪も減っている。
 
 地方は疲弊し駅前の商店街がシャッター通りに変わって行く、それと同時に自販機が増えたという統計も出ている。街のコミュニティーを担っていた商店を無人の自販機が補うのは難しい。自販機を通して人と人のつながりが薄くなりつつある「孤族の国」日本の姿が見えてくる。
 犯罪や交通事故で亡くなる人が減る一方、自ら命を絶つ人が増えている。豊かさと安全が保障されたはずのこの国で。
 
光が満ちている街中で自販機はひときわ輝き存在感を示している、人通りのない夜道ではその光が私たちを安心させてくれる。自販機を撮影して、4年が過ぎた。被写体として意識する生活が続いたせいか、時たま自販機に神々しい気配を感じることがある。日本人はもともと八百万(やおよろず)の神を祭っていた。現在でも、パワースポット・ブームなどに形を替えその心情は受け継がれている。ある意味人を引き寄せている自販機が、薄れて行く人と人の結びつきを取り戻すまさに機械(機会)にならないだろうか。

自販機を通してこれからも社会とその変化を見ていきたい。
[PR]
香港からの旅行者の親子。
これから小樽に行くという、同じ列車に乗った。
香港ではでは自販機がまだ珍しく、娘さんも大喜び。
確かに一昨年香港に行ったが、フェリーターミナルで
一台見ただけだった。
a0177542_15595752.jpg

[PR]
一昨日行った小樽の自販機写真を一日かけて整理していた。
小樽は北海道には珍しく坂の多い街だ。
そのような意味で自販機の立ち位置も違って見えた。
古い家並みも多く少し北海道の他の街と違う雰囲気を持っている。
特に観光地ではない裏路地が好きだ。
明日も小樽に行ってみようかな。
a0177542_19364912.jpg
a0177542_19363698.jpg

[PR]
a0177542_9434919.jpg
今日は撮影で小樽にって来た。

昨年末と比べると観光客の多さにビックリ。

小樽運河も身動きができないぐらいの人、人、人

自販機も活躍してましたよ。
[PR]
以前写真雑誌の編集者に自販機写真の話をしたら

富士山と自販機も良いよねと言われた。

富士山はいつ見てもかわらないが、確かに日本の象徴なのは確かだ。

それほど意味のあることに思えないが、いつかは撮ろうと思っていた。
a0177542_1683021.jpg
a0177542_1681933.jpg

[PR]
良いカメラとは、写真家のハービー山口さんはコラムで
「良いカメラとは自分に勇気を与えてくれるカメラだ。」
と書いていた。
私にはさしずめマミヤRB67がそれにあたる。無骨で格好悪く重たい、
しかし30数年前に写真を初めて最初に買ったカメラだ。
ヒマラヤの撮影では何週間もヤクの背に揺られても故障せず流氷の撮影では
氷点下30℃でもしっかり動いていた。現在も現役で自販機の撮影に使っている。
このカメラを見ると勇気がわいてくる。

さらにハービーさんはこうも言っている「良いカメラに出会うことは素晴らしいことだ。
だが、それ以上に大切で素敵なことがある。それは、心からこれこそ撮りたいと思う被写体に
巡り合うことだ。」やはりこちらの方が大事かな・・・・
心から撮りたいと思う被写体に出会うこと・・・・
それは待っていてもやってこないし、
自分や自分の心をもっと磨かねば見えてこないのかもしれない。
a0177542_1942209.jpg

[PR]
今朝は札幌も久々の吹雪。

雪で視界が悪いとき自販機が道標の代わりになる。

街灯の代わりにもなるしけっこう役に立っている自販機。
a0177542_9472837.jpg
a0177542_9465771.jpg

[PR]