<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

先週の月曜日と火曜日に続けて20Kmずつ走った。
翌日は別に何もなかったが、木曜日から歩くと股関節の辺りが痛みだし左足に体重をかけられない状態になった。あまり状況が変わらないので今日近くの整形外科にかかってみた。レントゲンを見てお医者さんにきれいな股関節ですねと言われる???
骨の方はいたって健康なようで、周辺の筋肉か筋が炎症を起こしているらしい。20年近く走っているが今までこんなことはなかったのに、やはり年を感じる。

我が家のネコは1メートル以上あるキャットタワーを軽々と上り下りする。現在推定年齢9歳だがいつまであの身のこなしが維持できるのか。ネコの運動能力にあやかりたい。
a0177542_14574752.jpg

[PR]
 今日は夕方から昨年の東川特別作家賞を受賞した萩原義弘さんのワークショップが札幌で開催される。昨年の秋、札幌で萩原さんの写真展が開催されたのを機会に、札幌でもワークショップ開催を望む声が多くあがり今回の開催となった。札幌でも写真作家を目指す多くの仲間がいるが、発表の場はそこそこあるがどのような方向性を持ち作品を作るべきなのか皆悩んでいるのが現状だと思う。
そのような意味で、今回のワークショップがそのような想いをかなえる方法の一つにでもなればと思う。来年の2月まで6回の講座が予定され長丁場だが楽しみだ。

下の写真は現在発売中のフォトコン誌に載っている私の記事。発売と当時に友人などから電話やらメールをいただいた。顔写真のアップが載っていて、みな年をとったねと・・・・・まあもう55歳ですからねしょうがないんですよ。
a0177542_9491793.jpg

[PR]
東京での写真展開催まで今日で後一ヶ月となった。
3.11の直後、これはもう写真展開催どころではなくなると思った。今回の写真展の協力をしていただくギャラリストの方にも相談してとりあえず延期はしないと考えていはいたが、刻々と入ってくる情報に
接するたびに不安な日々が続いた。
しかし写真はこのようなときに本当に無力なのだろうかと考えた。あたりまえの普通に生活がある日突然無くなる。それは今まで気がつかなかっただけで、本来人は自然の中で生かされているということだと思う。私は以前から写真の力は見えずらくなっていることを可視化して行くことだと思っている。微妙なバランスで成り立っている近代的な生活の中で、私の写真がこのようなことに気がつくきっかけになればと思う。
 先日写真展の案内をいろいろな方面に出した。普段付き合いが遠のいていた友人などからお便りをいただいた。場所が東京なので来れないという方が多かったが、励ましの内容が多く勇気ずけられた。
後一ヶ月ガンバロウ・・・
a0177542_8522772.jpg

[PR]
コダックのラピッドセレニウムトナーがようやく手に入った。
セレニウムトナーは現在受注生産で銀一でも12本単位でしか販売しておらず
なおかつオーダーしてから3ヶ月ほど待たされるようだ。
ただ下の写真でも解るようにどくろのマークが付き、劇薬指定となっている。
仮に東京の銀一で購入しても飛行機にも乗せることが出来ず、大変な代物だ。
幸い札幌の知り合いがアメリカのB&Hのサイトで購入していて、一本分けてくれた。

セレニウムトナーは保護調色材で主に作品の保護を目的としたアーカイバル処理に使われる
ようだ。私の場合はアーカイバルというよりはモノクロプリントの最暗部の黒を少しでも
引き締めたいと思い使ってみることにした。
とりあえず40対1の希釈で試してみた。
印画紙はどちらもバライタ紙でイルフォードのWTとオリエンタルのニューシーガルを使う。
この希釈倍率では結果として、イルフォードの方がかなり変わった、というか元々ウォームトーン
の印画紙で温黒調なのにさらに温黒調になりその濃淡もいちまいいちまいかなりばらつく。
ニューシーガルの方はそれほどの変化はなく、確かに黒が少ししまったような感じに見える。
この薬品は希釈倍率で色調がかなり変わるようなので、あすは20対1ぐらいで
やってみようと思う。
a0177542_2032750.jpg

[PR]
福祉関係のリーフレットの仕事が終わり印刷会社へ入稿した。

しかし震災の影響で紙とインクが不足しているらしい。
特にコート紙が不足していて、インクも原料の松やにが不足しているため
アジアから取り寄せているようだ。ただ海外のインクは粘り気がなく
かなり品質が落ちるとのこと。

紙不足で雑誌の休刊も聞こえてきた。
a0177542_20282686.jpg

[PR]
先日の東京都知事選で当選した石原知事の当確直後のコメント。

『東京都知事選で4選を確実にした石原慎太郎氏が10日夜、パチンコと自動販売機で1000万キロ・ワット近い電力が消費されている国は日本以外にない。こういう生活様式は改めたほうがいい。(節電のために)国は政令を出せばいい。パチンコする人は我慢なさい、自販機がなくても生きていける」などと持論を展開した。』

パチンコも自販機も確かになくても生きて行ける。
今回の震災では地震や津波による広域の破壊と、原発事故による現在進行形の破壊と今までの日本人の生活を見直さなければならないような大きなパラダイムシフトを向かえている。
自販機のある風景も平和な日本の象徴だったのだろうか。

ひとつ石原知事のコメントで間違えていたことを指摘すると、こんなに自販機の多い国は世界中で日本だけだと言っていた。しかしアメリカは日本の2倍の自販機がある、ただ日本のように屋外にないだけです。国土の広さも違うので密度から言うと日本が一番かもしれないが。
a0177542_1682695.jpg

[PR]
昨年取得したドメインsapporo-creation.comにようやく引っ越しをした。
Webホスティングの設定でつまずきしばらくほったらかしにしていた。
先週から久々に風邪を引き、外にも出られなかったのでパソコンの前で
いろいろ考えていたらいいアイデアが見つかった。

sapporo-creation.com結構気に入っている。
何か新しいことができそうな気がしてきた。
a0177542_2164149.jpg

[PR]