<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

久々にNPO法人EWS(アースワークスソサエティー)のコラムを更新した。
昨年の撮影ツアーの感想を載せたのだが、この後出来るだけ続けて行きたいと思う。
http://www.earthworks-j.com/banzai04.html

来月の東京でのグループ展に出品する作品も発送し一息ついた。
今週はたまっていた雑用を片付けたい。
a0177542_1072822.jpg

[PR]
ある人のプログで自販機写真をとりあげていただいた。その中で私の自販機写真を見て「かさがけじぞう」を連想したという感想になっていた。
私の自販機写真を撮るきっかけは、海外の取材から帰ってきた時道ばたに当たり前に設置されている自販機に興味を持ったことだ。そこから「安全な国日本」が見えてきて写真撮影を継続すると関連情報が蓄積されてきた。ただこれは自販機と社会性との関連情報が主なもので、闇夜に光り輝く自販機になぜ魅力を感じるかについてはまだ答えが出ていない。
 
そんな思いの中で、先ほどの浜田えみなさんのブログを読んでいて「かさがけじぞう」のたとえがすごく心に響いた。私も以前から考えていたのは、光り輝くものに対する日本人の昔からあるメンタリティーなのではないかと言う思いだ。日本の神道は元々は八百万の神の自然崇拝からきている。森羅万象、周りの木や山や全てのものが神でありその中で生かされているという思いである。明治の頃からその意味は変わったが、元々そのような考えが日本人には染み付いていると思う。
自販機はただの機械である、しかし人間を撮るように好んで夜の自販機の写真を撮る自分がいる。なぜ夜の自販機を撮るのか自分でもあまりわかっていなかった。言葉をきちんと表現できる人との出会いで、自分の作品が見えてくることがあると気ずかされた。

浜田さんのブログは http://emina21.blog9.fc2.com/blog-entry-366.html です。
a0177542_10163548.jpg

[PR]
昨年のシルクロード撮影ツアーの参加者が撮った作品が、今年のJPS(日本写真家協会)展に入選した。昨日JPSメールマガジンが届き入選を知った。本人にすぐ連絡をしたら、入選通知がまだ届いていないようで知らなかった。
私も6年ほど前まで15年ほどJPS展に毎年出品していた。この時期になると入選通知が来るのを毎年楽しみにしていたので、今回の受賞も自分のことのように嬉しく思った。本人も初入選でさらに北海道から5名しか入選しなかったので、かなり喜んでいてくれたようだ。
カシュガルの夜は何処をとっても絵になる、今年も是非行きたい。
a0177542_8283449.jpg

[PR]
橋口譲二さんの公開講座のお知らせがまわってきました。
下記の内容になっております。興味のある方は是非参加してください。


この度、旭丘高校のPTA公開講座として、日本のみならず世界を舞台に、写真家として
様々な活動を続ける橋口譲二さんをお迎えして
「橋口譲二~ベトナムワークショップ2007 生きる喜びを見つけるアートの見つけ方」
を開くこととなりました。今回は橋口さんの主催するNGO APOCCの活動を中心とした
1日限りの写真展と講演会で、写真に携わる方や芸術分野の方には是非聴いて頂きたい内容です。
急なお知らせですが、ご参加をお待ちしております。

1 日 時:3月18日(日) 10:00~12:00
2 場 所:札幌旭丘高校 講堂
3 講 師:橋口譲二(写真家 NGO APOCC主催)
4 内 容:「ベトナムワークショップ2007 
           生きる喜びを見つけるアートの見つけ方」
 この度、写真家であり、NGO APOCC主催の橋口譲二さんをお迎えして、講演会を開催致します。
また写真展 ベトナムワークショップ2007 ―少年少女の心の世界―を講演会当日1日限りで、同
会場にて同時開催致します。橋口さんはベルリンと東京を拠点に作家活動をする傍ら、ある地域に
必要な生活物資を届けるような活動とは異なる、芸術や文化を享受する機会がない人たちと芸術に
触れる喜びや尊厳を「表現」を通して共有しようとアートワークを続けているNGO(非政府組織)
を主催されています。
 今回は1日という短い時間ですが、講演会と写真展のまたとない機会です。橋口さんによる世界
各国の子どもたちとの交流の試みに触れて頂ければと思います。

5 定員100名(先着順予約制)
6 問合せ先: 札幌旭丘高等学校 芸術科 齋藤周
       〒064-8535 札幌市中央区旭ヶ丘6丁目5番18号
       メール:shu@shusaito.com
       電話:011-561-1221(担当齋藤まで)
7 申し込み締め切り:3月13日(水) 
8 その他: ・参加は無料です。
       ・講演会と写真展はセットになっており、1日のみのため
        写真展のみの観覧はできません。
       ・会場にはなるべく公共交通機関をご利用下さい。
       ・旭丘高校までのアクセス方法
        札幌旭丘高校 http://www.asahigaoka-h.sapporo-c.ed.jp/

※橋口譲二さんオフィシャルサイト http://www.apocc.org/
[PR]
3月11日の北海道新聞に北海道コカコーラ社の意見広告が載ります。東北の震災から1年が経過して、インフラとしての自販機の役割というのが内容だと思いますが、1月に当別町で撮影した私の自販機写真が使われています。北海道在住の方は是非見てください。
a0177542_13331821.jpg

[PR]
4月の東京でのグループ展の詳細が決まった。
初めての本格的なグループ展になる。
ほとんど面識のないメンバーであるが、プロフィールを見ると素晴らしい仕事をしている人ばかりだ。
私の出品作品ももう少し、考えなければと思う。
a0177542_11244997.jpg

[PR]
滝野霊園に行く途中にある自販機、日の出の前に輝いていた。

それにしても風邪が治らない、歳のせいかもしれない。
だんだん無理が利かなくなってきた。

来月の東京でのグループ展に向けがんばりすぎた。
だいたいめどがついたのでペースダウン。

a0177542_18102450.jpg

[PR]