先日上梓した写真集について手記を北海道新聞に掲載していただいた。
写真集発刊のいきさつについてなどを書いたものだ。
文字数の関係であまり詳しくはかけなかったが、このように紹介していただけるのは大変ありがたい。
a0177542_14001437.jpg



[PR]
エプサイトギャラリーでの個展も残す所後二日となりました。
連日たくさんの人にお越しいただきまして大変感謝しております。

私は次の禅フォトギャラリーでの展示準備のため先週の金曜日より在廊しておりませんが、準備していた芳名帳が足りなくなるぐらいだと
報告を受けております。
ここのギャラリーの特徴はカッターライトを使ったライティングで、ライトにマスクをして作品のみに照明を当てることができることです。
このため作品が浮き上がり、私の作品のように光る対象物を取っている場合はなおのこと効果があるようです。
いずれにしても会場に来ていただけないと見ることができないのが残念です。

今月18日からは六本木の禅フォトギャラリーでの展示が始まります。
エプサイトではスペースの関係で展示できなかった作品を展示する予定です。
a0177542_20430440.jpg

[PR]
写真集の印刷立ち会いのためオランダのアムステルダムに行っていましたが一昨日帰ってきました。

今回印刷の立ち会いをして印刷技術は日本が一番良いのでは考えていましたが幾つかの面で違うということがわかりました。
まず印刷をする機械ですが今回はこの業界でよく使われているハイドロベルグの最新鋭機でした。ただ以前と違い自動化されていてオペレーターの技量というのがそれほど重要ではなくなってきていて、それよりも製版とかそれらをトータルでコントロールするディレクターの役割が大変重要だということです。このディレクターという職種があまり日本にははっきり無いようです。

それと紙ですね、日本の場合洋紙が入ってきたのが明治以降とヨーロッパとは歴史の差があるようです。現在でも日本の製紙会社は原料を輸入に頼っていてそれゆえに港の近くに工場があるようです。ヨーロッパの場合は自社の山を持っていてそこから原料を取るので山間に会社があるとのことです。これで何が違うかというと用紙の種類の差です。ヨーロッパは種類が多く安くて良質のものが手に入るとのことです。

そんな勉強をしながら私の写真集はできてきていました。

下の写真はアムテスルダム市内の夜景です。
a0177542_15491677.jpg

[PR]
新年も明けて6日も過ぎてしまった。
穏やかな年明けで、例年だと一度や二度吹雪が来て結構写真が撮れているが
今年は今の所そのような場面には当たっていない。

ただ年前は50年ぶりの大雪に見舞われ除雪が追いつかず大変な状況だった。
そのな中朝早く起きて撮ったのが下の一枚だ。
札幌の街中で撮ったとは思えない雰囲気だが、雪夜に輝く自販機の景色としては
いまく行ったと思う。

やはり私は光が好きだ。
このような景色を見ていると撮影の現場でもボーと見ていることがある。
光のポートレートというか、このような光は暖かい。
私の写真を見てくれる人も、この写真を見て心も暖かくなってくれると嬉しい。
a0177542_16155920.jpg

[PR]
新年あけましておめでとうございます。

毎年元旦に撮っている家族写真も今年はニャン太が遺影になっている。
昨年のこの時期、動物病院が休みで自宅で点滴をするので大変な思いをしていた。
年末から食べれなくなっていたので、とにかくなんでも食べれるものをとネットやペットショップを探し回り
なんとか食べさせていた。
それでも2月の下旬には全くたべれなくなり、27日に旅立ってしまった。
あの時の喪失感はなんとも言えず今まで味わったことのないものだった。

ニャン太がいなくなってから半月後、ご縁がありふくが我が家にやってきた。
保護猫で昨年の一月下旬まで新篠津の農家のガレージに居たらしい。
我が家に来た時は結構ボロボロ状態だったが、今では一狩綺麗になり毎晩私のベットで寝ている。

a0177542_16470093.jpg



[PR]
久々にネパールを訪れた。
撮影ツアーの同行だったが、参加者の皆さんに良い作品を残していただくことに専念した。
結果として特段トラブルもなく終えることができた。
作品の出来も各参加者のカメラの性能やスキルにばらつきがあるがほぼ満足していただける
ものになったと思う。

私のツアーは皆さんにRAWで撮っていただき私が現像して帰ったらCDで渡すことにしている。
参加者が撮った膨大なデーターを処理するのは大変だがそれなりのものを残していただきたいと
思いこの方法を取っている。

とりあえずこれで一息ついて年明けの個展に注力しようと思う。
年明け1月27日からの個展に合わせ現在写真集を作っていただいている。
東京のコマーシャルギャラリーの禅フォトからの出版になるが、デザインと印刷はオランダになる。
印刷が年明けになり立ち会いに私もオランダに行ってこようと思う。
ギリギリのスケジュールなのでなんとか個展の初日に間に合うことを願っている。
a0177542_09581472.jpg
a0177542_09582731.jpg

[PR]
札幌は昨日この時期としては29年ぶりの大雪となった。
今年は10月の末から雪が降り始めいつもより一ヶ月は早い冬となっている。

おかげで忙しい仕事の合間に撮影を続けている。
シフトレンズでの撮影はまだ試験段階だが結構使えそうだ。
a0177542_19392736.jpg

[PR]
エプサイトギャラリーの会員誌であるエプサイトコミュニケーションプレスの12月号に載せていただきました。
会員以外に見る機会がないのが残念ですが、来月27日よりこの会場で開催予定の個展の案内も併せて紹介していただいてます。

個展の開催中、2月4日(土)午後3時よりエプサイトギャラリーでゲストに東京都写真美術館学芸員の関次和子さんと
写々者 代表の大西洋さんを迎えトークイベントを開催します。

a0177542_19195408.jpg
a0177542_19194408.jpg


[PR]
現在のプロジェクトで年明けに写真集と写真展をすることになっている。
さて次はどのような展開にしたらいいのか、いろいろ考え試行錯誤をしているが
とりあえず以前から考えていたシフトレンズをヤフオクで買ってみた。

ライズとフォールを使い仰角を補正すると言うことと、もう一つティルトを使い
被写界深度を極端に狭くすることによる効果を考えた。
はじめにいつもの自宅近くで撮った写真が下の作品で、まずまずの効果が出ていた。
a0177542_20212455.jpg

[PR]
今年の冬はやたら早くやってきた。
今日の天気はどう見ても一ヶ月先の天気だ。
札幌は雪はないが留萌や稚内方面は吹雪のようだ。

今日は昨日、一昨日と撮りまくったマンションの竣工写真の整理で
一歩も外に出ずに済んだ。

パソコンの前で仕事をしていると我が家のネコが、横でじっとしている。
人のそばにいると安心なのかいつもこんな感じだ。

去年の今頃は寒い外でこのようにじっとしていたのだろうか。
a0177542_19244259.jpg

[PR]