昨日から札幌は春の嵐に見舞われている。
昨夜は飲み会があり一旦帰宅したが、どうしても中島公園の撮影がしたくて地下鉄で戻った。

みぞれ混じりの雪が降っていて、日中積もった雪が溶けかけていた。
この景色も一瞬の景色で、朝には雪が木々の枝から落ちていた。
まさに一期一会である。
a0177542_10035991.jpg

[PR]
2017年も最後の日を迎えた。

今年は私にとり思い出深い年となった。
1月、年が明けてすぐにオランダでの写真集の印刷立会いに行き、1月末からエプサイトでの個展が始まった。
2月もエプサイトの個展が終わった翌日から六本木の禅フォトでの個展が始まった。
初めてのコマーシャルギャラリーでの個展開催で今までのレンタルやメーカー系のギャラリーとは大きく違うと感じた。

私は今からちょうど10年前ブリッツシンターナショナルの福川氏のセミナーを受講し、作家の世界をはじめて知った。
この時立てた目標が三つある。一つは写真集の出版、一つはコマーシャルギャラリーでの個展、もう一つが美術館へのパーマネントコレクションの収蔵である。
この三つの目標を10年で達成したいと考えていたが何とか写真集とコマーシャルギャラリーでの個展は間に合った。
今年は禅フォトでの個展がご縁でバリのコマーシャルギャラリーである&co119でも先日から個展を開催している。

こちらは偶然のタイミングではあるが事前にCNNやシュピーゲルなどのメディアで取り上げていただいたことで大変好評である。
プリントの売り上げも驚くほどあり会期の延長をしていただくことになった。
コマーシャルギャラリーの場合はやはりプリントの売り上げというのが大変重要でなんとか面目を保てたと考えている。
co119ではギャラリースタッフの重要性というのもすごく大切だと感じた。
作品のセレクションやシーケンス、さらに展示のレイアウトなどすべてスタッフの采配のいかんにかかっている。
このギャラリーのスタッフのジェシカさんはこのギャラリーの前はマグナムのギャラリーで仕事をしていて、マグナムのギャラリーが
閉鎖になったのでこのギャラリーに来たとのことだった。
とにかくいろいろな面で彼女にお世話になった。下の写真は彼女と帰る時に撮った記念写真だ。

写真集の方も2月に上梓して年末にPhoto-eyeのBest Photobooks2017に選ばれ発売元のshashashaの2017年度売り上げNo,1になりほとんど完売状態である。
久々に本当に嬉しい年末を迎えている。
a0177542_19561867.jpg



[PR]
オーダーして2ヶ月ようやくニコンのD850が届いた。
とりあえず今まで使っていたD800はスレーブ機能があるので残してある。

早速D850を使って見たがまだきちんと使っていない事もありあまりD800との違いがわからない。
さしあたりISO25000がどのぐらいまで使えるか試したら確かにそれなりの画質になった。(下の猫の写真です)
明後日から山口県方面に取材に出かけるのでここいらからほっ料を発揮してほしいものだ。
a0177542_19562521.jpg

[PR]
現在、日本コカ・コーラ社とコミッションワーク(委託制作)で写真集を作っている。
コミションワークは日本では特に写真の世界ではあまり耳慣れない言葉だが、欧米の現代アートの世界では普通に行われているようだ。

日本コカ・コーラ社が創立60年を記念して私の写真集を作れないだろうかと打診された時、正直自分の作品がCMで使われるのはできないと考えていた。
ただ日本コカ・コーラ社が私のアートワークの延長で考えてくれているのがわかり快諾させていただいた。
通常CMの場合クライアントの意向に沿って作品を作って行く。ただしアートの場合は作家のコンセプト意思なりが全てだと思う。そのためCMとアートは通常馴染まないものだと考えられている。ただ今回は私の意向が全て優先され結果としてコカコーラ社のためにもなるということでコミッションワークが成立した。
私はアートが特定の企業であれその企業の企業価値がアートにより高まるのであればそれはいいことだと思う。ただ通常の自分の創作活動が特定の企業を意識したものであることには反対したいと考えている。
a0177542_10401492.jpg

[PR]
先週、通信社の仕事ではじめて室蘭の工場夜景を撮ってきた。
普段撮ることの被写体だったが帰宅したが午前3時と疲れた。

ついでに目に付いた自販機も撮ってきたが、室蘭は古い街並みもあり結構このような被写体がありそうだ。
a0177542_16314559.jpg

[PR]
おじさんの足枕で就寝中。
あまり良い夢はみないような気がするけど?
a0177542_19283355.jpg

[PR]
今月23日のJapanTimesで私の写真集を紹介していただいた。
JapanTimesは日本では老舗の英字紙で半年ほど前から取材を受けていた。
綿密な取材で正確な記事を書くということだと思うが、その労力たるや本当に頭が下がる。

おかげさまで余すとこなく読者の方にお伝えできたと思う。

紙面で紹介された直後からいろいろな国のたくさんの方々から感想のメールをいただいた。
shashashaの販売も伸び本当に感謝している。

http://www.japantimes.co.jp/culture/2017/07/22/books/book-reviews/roadside-lights-capturing-japan-lonely-vending-machines/#.WX54QzM9zFz
a0177542_09252006.jpg

[PR]
4年ぶりの札幌での個展になります。
9年前から取り組んでおります「自販機のある風景」のシリーズになります。今回は自販機が輝いている姿に現代人の孤独やアイロニーのあるオブジェといて自販機を捉え、より擬人化して映し出しました。
法邑様のご好意により、今回と来年秋の2回にわけ展示させていただきます。
展覧会名 大橋英児写真展 Existence of
期  間 2017年6月14日(水)〜7月9日(日) 月、火休廊日
     9:00〜19:00
開催場所  茶廊法邑 cafe space
     札幌市東区本町8-27 TEL 011-785-3607
https://houmura.jimdo.com/
企  画 法邑芸術文化振興会
a0177542_08252364.jpg

[PR]
現在オーストリアで開催されている ViennaPhotoBookFestivalで、2月に上梓した私の写真集が売れていると連絡が入った。
4月にも台湾のフェアーでshashashaが持って行った私の写真集が完売とのお話で安堵したところだ。
ただ国内では中継ぎを通してい無いため書店に並ば無いので、shashashaのweb販売のみとなっている。
a0177542_13545856.jpg

[PR]

GW

世の中GWの真っ最中で観光地はどこも混み合っている。
人混みは苦手なのだが友人に誘われて一昨日函館方面に行ってきた。

函館に行く途中、長万部や今金でいい自販機があった、帰りがけには初めて工場夜景も撮れいい1日になった。
a0177542_15503580.jpg
a0177542_15501459.jpg
a0177542_15502456.jpg




[PR]