カテゴリ:ネコ( 22 )

ふくちゃんが我が家に来て二ヶ月が過ぎた。
もうすっかりうちに慣れ、夜は私の枕の横で寝ている。

その前の二ヶ月は本当に長く感じた。
夜も昼もなんとかにゃん太に餌を食べさせたいと腐心したが
やせ細ってゆくのをただ見ていることしかできなかった。

今は日々ふくが心を癒してくれる。
a0177542_15455081.jpg

[PR]
我が家の新しい家族となったふくちゃんも、うちに来て3週間が過ぎた。

はじめは引きこもり、いつも何かの陰に隠れていたが最近はどこにでも
寝ていることが多くなった。
ようやく安心して過ごせる場所ができたということだろうか。

とにかく隙あらば人の膝の上に乗ろうとする。
仕事をしているとパソコンの前で寝て邪魔をするが、とにかくかわいい。
a0177542_16354054.jpg

[PR]
ニャン太が旅立って2週間が過ぎた。
時々PCに入っている写真や動画を見ているが熱いものがこみ上げてくる。
もう少し早く気がついていればこのような結果にならなかったと思うが、今となってはどうし用もない。忙しかったとはいえ痩せてきたときにすぐ病院に連れて行くべきであった。

そんな日々を送っていたが何気なく見ていた猫の里親募集サイトに何かピンと感じる猫の写真を見つけた。このようなサイトは初めて見たが、サイトの性格上猫の写真がいっぱい載っている。ニャン太のようなキジトラの猫の写真もありいろいろ思いながら見ていた。その中で1月の下旬に新十津川の農家の車庫で保護された茶トラの猫が目に付いた。他の猫にいじめられ一人でいたと書かれていて、そういえばニャン太も始めそのような環境だったと思い出した。

一度会いたいと思い保護されている方と連絡を取り会いに行ってきたが、人懐っこくやはりどこかで飼われていた猫のようだった。何かこの猫なら一緒に生活ができるような気がして里親になることをお願いした。翌週、私の家まで届けていただいたが、やはりはじめは家が変わったのと人が変わったので大変怯えていた。1日目は部屋に引きこもり状態であったが二日目からは今に出てきて本領を発揮してきた。とにかく隙があれば膝の上に乗ってくる。まるで自分が猫であるのを忘れているかのようだ。夜泣きなど少し問題行動もあるがとにかく新しい家族として向かい入れることができた。
a0177542_14512382.jpg

[PR]
我が家の愛猫ニャン太が今朝天国へと旅たちました。

まだ13歳で4月に14歳になるところで、今の家猫としては旅立つには早い方だと思います。
3歳から我が家に来て、始め8年前に亡くなった母のところにいました。その後、我が家で引き取り猫嫌いの嫁を虜にしてしまいました。もっとも私は仕事であまり家にいないので必然的に嫁と多くいた結果だと思います。でも夜寝る時には私のベットの後ろ端でいつも寝ていて、寝る前にはいつも挨拶にきていました。
柄は大きい方でしたが、オス猫なのに気が弱くおとなしい性格でした。

去年の12月の末にあまりにも痩せてきたので動物病院に受診しましたが、腎臓病がかなり進んでいてこの後は本当に食欲がなくなりました。それでも食べれるものをネットやペットショップ周りで探しまくりなんとか食べさせていましたが、一昨日から全く食べれなくなり、今朝息を引き取りました。

体重も一時6.5Kgあったのが昨日動物病院を受診した時には2.5Kgと骨と皮になっていました。
それでも昨年の12月ビデオを先ほど見ましたがあの頃はまだ普通に見え現在の姿があまりにも痛々しく
涙が出てきました。
明日はお骨になるので今晩一晩一緒に最後の夜を過ごしたいと思います。
a0177542_16262214.jpg

[PR]
久々の投稿です。

先日の25日クリスマスから我が家の猫のことで振り回されている。
3週間ほど前から食欲がなくなってきたので25日近くの動物病院に連れて行った。
血液検査をすると腎臓の機能が著しく落ちていることがわかった。
食欲がないのは、腎臓の機能が落ちていて気分が悪いせいではないかとの獣医さんの見立てであった。
この日の朝にはこれまで好きだったキャットフードをほとんど食べることができない状態であった。

今年の3月に痩せてきたので今回の動物病院で診てもらったら甲状腺の病気だとわかり
薬を頂き、とりあえずは体重も少し増えていた。
10月にも診察を受けて腎臓の機能が落ちていたことは認識していたが、ここ数週間の食欲の落ち込み方は
予想できなかった。10月の診察の時点でもっと気をつけていればと思うが今となっては遅い。

とりあえずはこの日は点滴を受けて帰宅し、30年ほど付き合いのある稚内の獣医をしている友人に連絡を取った。
この日の検査のデーターも送ったが、この数値では急性の場合は死んでいてもおかしくないとのことであった。
慢性なのでなんとか持っているが、危機的な状況だと教えてくれた。
彼はとりあえず栄養をつけなければならないので高脂肪・高たんぱくの餌を二種類すぐ送ってくれた。
一つはリーナルケアというスープ状の腎臓機能を補完する成分と高脂肪・高たんぱくの餌で、もう一つは
腎臓機能の補完する成分は入っていないが高脂肪・高たんぱくの餌であるヒルズa/dである。
昨日、27日の午後に届いたのですぐ食べさせたがリーナルケアは残念ながら匂いをかいただけでダメであった。
ただヒルズa/dの方はびっくりするぐらいの爆食いを始めた。夜も与え続けて朝までに1缶ほど食べさせた。
この3日間ほどほとんど食べていなかったのでこれで一安心したが、今朝は昨日ほどの食べ方にはならず
少し不安になっている。でもこれでなんとか栄養の方は補えるのではないかと考えている。
次は腎機能の改善であるが、一度壊れた腎機能は戻らないということなのでうまく付き合って行くしかない。

何れにしても、もう13歳なので高齢猫ではあるが今は20歳ぐらいの猫がたくさん周りにいるので
もう少し元気でいて欲しいと思う。あの猫にはいろいろ思い出があり急に別れることになるのは
正直大変きつい。今はただ良くなることを祈るばかりである。
a0177542_20332090.jpg


[PR]
家のネコは外面がいいというか、お客さんがきていると
実にお行儀良い。
ほめられて嬉しそうにしている。

普段は甘えて実にうるさくつきまとう。

ネコだからねこっかぶりをしているのか?
a0177542_14125174.jpg

[PR]
最近どうしたものかパソコンの前がお気に入りの場所になってしまった。

猫がどいてくれるまで仕事は中断・・・・・
a0177542_504482.jpg

[PR]
毎年頼まれて知り合いの家のネコカレンダーを作っている。

昨日は天気もよく撮影日和だった。
来年のカレンダー用の写真もこれでばっちりだ・・・・

帰りにこのトンボのおもちゃを家のネコ用にもらったが
今朝見ると頭がなかった。
a0177542_10324244.jpg

[PR]
さて家のネコは何に困っているのでしょうか?

何、不自由ない生活をしているのに。
a0177542_19182749.jpg

[PR]
今日は久々にニャン太をさん歩につれて行く。
久々の土の感触は格別のようで、ゴロゴロ下の写真のように遊んでいた。
帰りはマンションの五階まで階段を使う。疲れたのか途中でお休み。
それにしてもこう見ると階段の絨毯の模様と、よく似た模様のネコだ。
a0177542_16562177.jpg
a0177542_1656924.jpg

[PR]